メニュー

内視鏡

消化管疾患の診察

  • 消化器疾患といってもさまざまなものがあります。主なものでは上部消化管疾患としては逆流性食道炎や食道がん、慢性胃炎、ピロリ菌感染性胃炎、胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、膵炎、尿路結石症などでしょうか。また、下部消化管疾患では便秘症、過敏性腸症候群、感染性腸炎、虫垂炎、虚血性腸炎、結腸・直腸癌、痔核などが主なものでしょうか。
  • 特に逆流性食道炎や胃・十二指腸潰瘍、感染性胃腸炎、虫垂炎等の急性期の炎症性疾患では初診時の検査、加療が非常に重要になってきますし、変化する症状に対応する必要があります。
  • 長年、消化器外科医として多くの消化管手術に関わってきたものとしまして、消化器疾患の診察では、まずはこのような疾患を見逃さず、いろいろな疾患の可能性を考えて細心の注意を払う必要があると考えます。このため受診時に院内での迅速血液検査やレントゲン検査、腹部超音波検査を行って可能な限り正確な診断と加療ができるようこころがけております。
  • また、胃がんや食道がんなどは早期の発見が非常に大事になってきます。検診施設勤務時には毎日多くの上部内視鏡検査を行っておりましたので、検査時のしんどさを極力軽減できるように心がけております。内視鏡もオリンパス製の最新最細経鼻内視鏡を導入しており、また最新のNBIモードを駆使してより正確な内視鏡診断を行っております。
  • また、ピロリ菌は胃がんのリスクでありますので、胃内視鏡による胃の観察が非常に重要となります。ピロリ菌の感染診断は、この胃内部の所見とあわせて各種検査(血中ピロリ菌抗体測定、便抗原検査、尿素呼気テスト: いずれも当院で施行可能)による結果をふまえ、慎重に診断を行います。また、ピロリ菌陽性時には除菌加療(抗生剤等の内服を7日間行うものです。2次除菌加療までは保険適応で可能です)も当院で可能です。
  • 下部消化管内視鏡検査は行っておりませんが、痔の専門病院勤務歴を生かして痔核、裂孔、痔瘻等の肛門周囲疾患の診察と治療も行っています。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME

local_phone 06-6585-3470